« #3 嵐の夜の夢(雅隆の場合)その1 | トップページ | #5 嵐の夜の夢(雅隆の場合)その2 »

#4 嵐の夜の夢(行永の場合)その1

嵐の夜、不思議な夢を見た。

それは、とても悲しくて悲しくて、、、

私は夢の中で泣いちゃった。

夢の中の私は同い年ぐらいの男の子。

姉さま、姉さま、、、

いつも優しくて笑顔の素敵な自慢の。

僕たちは特別な姉弟。

選ばれた者のみ持つことを許された

特別な力を持つ僕たち。

姉さまの笑顔は僕がお守りします。

……そう心に決めていたのに。

それなのに。

僕は自分に負け、

つい油断し奴等に捕まってしまった。

利用しようとして、逆の立場に。

姉さま、姉さま、、、

謝って許されることではないし、

僕は僕自身が許せません。

もし、僕のことでなにか奴等から要求されたら、

それは無視してください。

僕のことは、、、お忘れください。

僕のことで姉さまが悩むなんて、

僕はますます自分が許せなくなる。

ですから、ですから、、、

忘れてください。

僕は無力で愚かだ、、、

だが、まだ、できることはある。

それは……

|

« #3 嵐の夜の夢(雅隆の場合)その1 | トップページ | #5 嵐の夜の夢(雅隆の場合)その2 »

すべてをあなたに」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« #3 嵐の夜の夢(雅隆の場合)その1 | トップページ | #5 嵐の夜の夢(雅隆の場合)その2 »