« 樹なつみさんの【花咲ける青少年】がアニメ化に!!! | トップページ | 行く年、来る年、、、ご挨拶 »

秘密 トップ・シークレット メロディ12月号(2008年)を読んで

簡単に感想を述べたいと思います。

6月号の続き、、

薪さんの青木に対する気持ちがどういうものなのか

気になるところではありますが、

その辺りは触れられていませんでした。

青木視点のお話。

青木の雪子に対しての気持ちがどういうものなのか。

鈴木さんの脳を見た青木が

鈴木さんの影響を受けて雪子に惚れ、

求婚したのかもと、、、

少々自分の気持ちに疑問を持つというお話でした。

ちょうどその頃、

コピーキャット(模倣犯)ではないかと思われる事件があり、

その犯人と自分を重ねていく、、、、

そして結末は次号のお楽しみのようです。

青木の見た鈴木さんの記憶の中に、

鈴木さんが指輪(ティファニーっぽい)を購入し、

雪子にプロポーズをしようと思いつつ、

雪子が薪さんに気持ちを寄せていることに気づき、

プロポーズをしなかったようなシーンがあり、

ちょっと切なくなりましたweep

|

« 樹なつみさんの【花咲ける青少年】がアニメ化に!!! | トップページ | 行く年、来る年、、、ご挨拶 »

☆コミック(少女・女性誌)」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510680/43143058

この記事へのトラックバック一覧です: 秘密 トップ・シークレット メロディ12月号(2008年)を読んで :

« 樹なつみさんの【花咲ける青少年】がアニメ化に!!! | トップページ | 行く年、来る年、、、ご挨拶 »