« マクロス F (フロンティア) 第21話 【蒼のエーテル】 ちょこっと感想 | トップページ | 携帯サイト【みんなのココログ小説】にLa Via Latteaの小説が紹介されています!! »

秘密 トップ・シークレット 第20話 【誰も見ていない 後編】 感想

人のやさしさが孤独を癒すこともあれば、

殺意を生むこともある。

止めようのない悲しみと怒りのやり場はどこへ…

自分が囮になり捜査を進めようとする青木。

そんな青木を影でフォローする薪と第九メンバー。

黒いマニュキュアを爪に塗り、

感染者のフリをする青木は

薬剤師殺人事件の目撃者の気持ちを考え行動し、

事件があった1本前の電車に乗り犯人を捜索。

そこで、青木の爪をじっと見る若い男が登場。

でも、その男はある老婆を見かけるとそちらに行き、

老婆の爪を見て驚愕。

あんたは回復したのか。

あんなに近くにいたのに。

といい、いきなりナイフを取り出す。

あの時と同じさ。誰も助けてくれないさ。

誰も助けてくれないさ。

今回、オチは真ん中ぐらいに書きました。

見たい方だけどうぞ。

青木が止めに入り、

次の駅で青木、犯人、老婆が降りると、

そこに岡部と曽我と警察が待ち構えていた!!

薪が私鉄新宿線コントロールセンターの

監視カメラで細かい指示を出したようです。

線路に飛び込む犯人。

それを追いかける青木。

電車が線路に入りますが、

2人はなんとか無事です。

青木は犯人に感染者を救う方法を問いただします。

最初はないといっていた犯人だったが、

青木の執拗な熱意ある説得に応じます。

お年寄りの感染者の回復期の

患者の血漿があれば助かると。

先ほどの老婆は薪が見つけ、確保。

快く血漿をわけてもらうことに成功し、

患者達は助かり、、、、事件は一件落着。

新宿沿線連続殺人事件の犯人は

張真。

大手薬品メーカーの研修生として7年前中国から来た。

研究者としての知識や技量は一流とのこと。

ただ、職場内でも孤立していた。

最近は東京を舞台にして行う

ウィルステロのシュミレーションに夢中だったとのこと。

そんな張真がたまたま利用した薬局に里中恭子が働いていて、

時折、発せられる母国語と彼女のやさしさに癒され、

密かに心を寄せていた。

現実に絶望し、

山中でウィルスを抱いて1人死のうと考えた張真だったが、

最後に一目里中恭子に会いたいと思い、

彼女がいつも利用している通勤電車に乗り込み、

そして、、、、あの殺人事件に遭遇。

里中恭子は老婆が自分の前に来ると、

電車の席を譲っていた。

その日、そこに割り込むヒゲ男(カプセルホテルで死亡)が現れ、

「おばあさんのために空けたんです」という里中恭子に苛立ち、

ナイフで里中恭子を刺すヒゲ男。

そして、、たまたまナイフが、

張真の持っていたウィルスの入っていた袋に傷をつけ、

その結果、ウィルスを電車内でばら撒くことになった。

みな見ないフリをしつつ見ている。

誰も止めようとしない。

死にいく里中恭子は最後まで老婆を心配していたが、

その老婆は真っ先に知らんぷり。

すぐ電車を降りてしまった。

ほっとけば死ぬ乗客をわざわざ殺していたのは、

ウィルスをこれ以上散らばらせないためだそうです。

ちなみに青木は黒いマニュキュアを爪に塗っていただけで、

感染していたわけではありません。

雪子に感染させてもらえなかったそうです。

雪子も無事助かったのだが、

休職願を出した。

青木の愛の告白、

時間が欲しいという雪子。

この辺の描写はなんだかごく普通の恋愛モノのようでした。

でも、青木が雪子に惚れたのは

鈴木さんの脳を見たからだと思えました。

最後、青木の頬にキスをする雪子。

そんな2人を見ている薪。

どういう気持ちでながめているのでしょうか。

そして、、、、サービス映像?、

薪さん(?)の目隠し映像。

コミックの4巻でしたっけ?

それをちょっと変えたバージョン。

いろいろと想像することができる映像で、

これって、、、一応次回以降のお話に関わりがあるのかね。

必要な映像なのか現時点ではよくわかりません。

で、今回は中編よりはよかった(マシ?)です。

(中編はshock

音楽がちょっと強いような気がしましたけどね。

感染者を救う方法を雪子も気づいたという表現は、

雪子が優秀な医者で監察医だという印象をつけるためだと思いました。

ただ、唐突でしたけれどね。

初歩的なミス、、、穴の開いた手袋で検死をしたミスとの相殺ってことで。

張真の里中恭子の回想シーンはなかなかよかったです。

ただのストーカーといえばストーカーなんですけどね。

アニメでは老婆が最後はいい人っぽい描かれ方だったので、

救いがある感じでした。

天地とみちるが

心配したんだからといって

青木をビンタするシーンは、なかなかよかったかな。

でも、なぜビンタなんだろう。

心配し過ぎて怒りになったってことを表現してるのかもしれないが、

ポロっと涙でもよかったかも。

次回以降もがんばって見ます。

前編、中編の感想はこちら

前編

中編

|

« マクロス F (フロンティア) 第21話 【蒼のエーテル】 ちょこっと感想 | トップページ | 携帯サイト【みんなのココログ小説】にLa Via Latteaの小説が紹介されています!! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

・秘密-トップシークレット-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510680/42303324

この記事へのトラックバック一覧です: 秘密 トップ・シークレット 第20話 【誰も見ていない 後編】 感想:

« マクロス F (フロンティア) 第21話 【蒼のエーテル】 ちょこっと感想 | トップページ | 携帯サイト【みんなのココログ小説】にLa Via Latteaの小説が紹介されています!! »