« マクロス F (フロンティア) 第22話 【ノーザン・クロス】 ちょこっと感想 | トップページ | 夏目友人帳 第8回 【儚い光】 ちょこっと感想 »

アリソンとリリア 22話【明かされた秘宝】ちょこっと感想

フィーとベネディクトはトラヴァス達の助けによって、

無事開放されます。

よかった、よかった~shine

しかし、リリアは捕らえられ、

トレイズのメダルをしていたため

メリエル王女だと思われます。

フィー達は王宮の離れに行く途中、

銃で撃たれたものの命中したのは

構えていた銃身だったため、

無事だったトレイズ(意識なし)を拾う。

クレア達によって仕掛けられた爆弾を

すべて除去するトラヴァス達。

これで、ほっと一安心していると

メリエルを人質として捕らえてるという

クレアからの連絡。

メリエルはベゼル王室のマチルダ王女のところに遊びにいってるので、

メリエルであるはずがない。

そんな時、トレイズがリリアだと気づく。

フィーとの人質交換を望むクレア達を捕まえる作戦をトレイズが提案。

提案っていっても

フィーの代わりに自分が行くってことなんだけどね。

結局、クレア達は捕まります。

満月背景で御用のトレイズはおもしろかった。

お説教?しているトレイズをリリアがキック!!

名付けてリリアキック、、、

アリソンに技には自分の名前をつけるといいと教えられたそうだ。

でも、安直すぎるよね~sweat02

父親を亡くしたクレアの気持ちをやわらげたのは、

父親は生前亡くなってると思っているリリア。

なんだかんだと落ち着いたら、

今度はみんなでその宝を探そうということになり、

谷に。

私はフィーの谷だと思っていたんですが、

違いました。

ま、原作未読なのでその辺ご了承ください。

谷を抜けるとスー・ベーイルが目の前に!!

宝はこのことを意味していたようです。

戦時中、これが明らかにされれば、

戦争はひどくなる、、、だから秘密にしていた。

前女王は宝の存在を否定したようです。

あらら。

こういうオチとは思わなかったよ。

結局、トレイズは自分の身分を明かせず、

今回は終わり。

でも、フィー・ベネディクトと

普通に会話しているトレイズを見れば、

察するところもあるだろうにね。

あははcoldsweats01

まぁ、次回のお楽しみにしておこうっと。

次回、ベゼル王室のマチルダ王女が登場!!

トレイズの結婚相手になるかもしれない人。

(20歳までに自分で結婚相手を見つけられなかったら)

なかなかの美人。

リリアはトレイズを男性として意識できるかな。

美人が現れると変わるかもねsmile

|

« マクロス F (フロンティア) 第22話 【ノーザン・クロス】 ちょこっと感想 | トップページ | 夏目友人帳 第8回 【儚い光】 ちょこっと感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

・アリソンとリリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510680/42388839

この記事へのトラックバック一覧です: アリソンとリリア 22話【明かされた秘宝】ちょこっと感想:

» アリソンとリリア 第22話「明かされた秘宝」の感想。 [いーじすの前途洋洋。]
アリソンとリリア 第22話 「明かされた秘宝」 評価: ── リリアキーーック!! 脚本 谷村典子 絵コンテ ... [続きを読む]

受信: 2008年9月 6日 (土) 04時10分

» アリソンとリリア 第22話 [まぐ風呂]
[関連リンク]http://allison-web.net/第22話 明かされた秘宝とりあえず一言結局バレないんかい!捕縛。トレイズが撃たれてしまい自分も気絶させられてしまうリリアそして気絶したリリアの下... [続きを読む]

受信: 2008年9月 6日 (土) 21時16分

» 「アリソンとリリア」第22話 [日々“是”精進!]
第22話「明かされた秘宝」リリアとトレイズは、武装集団に捕まり人質にされてしまった。一方、フィオナとベネディクトは、駆けつけてきたトラヴァスたちによって無事に救出される・・・。「泣くな!負けるな!私たちは父親の分まで力強く生きていこう!」リリア、気絶さ...... [続きを読む]

受信: 2008年9月 7日 (日) 06時02分

« マクロス F (フロンティア) 第22話 【ノーザン・クロス】 ちょこっと感想 | トップページ | 夏目友人帳 第8回 【儚い光】 ちょこっと感想 »