« マクロス F (フロンティア) 第16話 【ランカ・アタック】 ちょこっと感想 | トップページ | 夏目友人帳 第4回 【時雨と少女】 ちょこっと感想 »

秘密 トップ・シークレット 第17話 【目撃】 感想

これはおれ達だけの秘密だ、忘れろ。

全 部 、 忘 れ ろ 。

忘れたくても忘れられない記憶、、、秘密がある。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今回の感想、通常より長くなってしまいました。

すみません。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

丸の内署の阿久津警部と林崎警部補が射殺された。

阿久津は額に被弾。

林崎は腹部に被弾。

ちなみに改造銃弾を使用されていて、

殺傷能力を高めたようであった。

林崎の脳をMRI捜査することになったのだが、

そこには、、、犯人の姿が。

第九曽我の警察学校の同期西条。

西条は上司熊井(警視庁キャリア組)を

殴って懲戒免職になっていてた。

なぜ、西条は阿久津と林崎を殺したのか?

懲戒免職になった件と関係があるのか?

オチは最後の方に書いてあります。

見たい方だけ見てください。

今回もお涙頂戴物語。

でも、なんかだんだんよく(いや、マシ)に

なってきてるような気がします。

今回の事件も地道に捜査すれば

わかるような気がしないでもありませんが、

警察官殺しの場合、警察の威信と名誉に関わるので、

MRI捜査にかけてもおかしくはないかも。

絵はあきらかに第1回より、キレイになってると思います。

あああ、最初からこの絵でやってくれれば、、、

この作品への印象もかなり違かったはず。

(でも話がアレだからなぁ~sweat02

<警察官殺し>

西条はある少年の事件を熊井、阿久津、林崎と追っていて、

熊井が武器を持たない少年を射殺してしまったことを目撃。

阿久津、林崎は

少年が武器をもっていたという偽装工作に加担。

西条にもそれを強制する。

熊井は警視庁キャリア組で法務大臣の甥だったのだ!!

西条は真実を上司にも伝えるが、すべて揉み消される。

そして、大切な家族、、、妻と赤子を殺される。

3人で電車を待っている時、

西条は背中を押され、

西条が押されたことで線路側にいた妻と

抱えられていた赤子が線路に墜落。

そこに電車が、、、2人とも即死。

西条は逃げていく林崎を目撃。

目撃者探しをするが警察に邪魔され、

熊井が西条を脅せと指示し、

林崎が脅したつもりが、、、

母子殺害になってしまったというのだ。

西条の犯行動機、それは復讐。

<警察官殺しの裏にある、もうひとつの事件>

しかし、熊井はまだ生きている!!!

熊井の警護につく警察、、、そして薪達。

熊井を拳銃で殺害しようとした西条を止めようとして、

間に入った薪と曽我。

武器を捨て、投降せよ!!!

しかし、、、西条は帰らぬ人に。

熊井が心臓を拳銃で撃ったのだ。

西条の脳をMRI捜査にかける第九のメンバー達。

そこで見たものは、、、警察の腐敗。

真実を公表しようとする薪達。

長嶺や所長には無駄だといわれる。

君が行おうとしている行為は、

正しいのかもしれないが、、、

熊井がMRI捜査のデータを消去するために第九へ来るが、

薪に睨まれて、すぐ観念する。

熊井は逮捕されることになったが、

それ以外の人はお咎めなし。

薪さんが熊井を睨むシーン。

爆 笑 ! ! ! ! happy02 happy02 happy02

おもしろいや~ happy01

エロ、グロ、不条理(いやこれはまだ現在進行中か)に耐え、

視聴を続けてきた人へのご褒美??いや、試練か??

きたきたーーーー!!

鈴木さんの前向きなセリフ!!!

来訪者の中で使用された方が

話が引き締まると思うんだけれども、

使用されないよりかは、いいや~

シュベルツ教授(日本語しゃべってるsweat02)が

MRI捜査の開発者だそうで、

小野木田もちゃかり脇にいましたね。

ドイツ系の名前でそれらしい感じの人だけれども、

なんかイッちゃってる人みたいだ。

科学者だからいいのかな??

天才と狂人の脳のデータをとる事が、

未来への財産になる云々いってるけれど、

人権とかについては考えないのかな?

MRI捜査は諸刃の剣だと思うけれど。

まあ、薪さんの魅力を引き立たせるためのアレかね~

赤ワインを飲みながら

MRI捜査導入の話と

当時録画された映像を見る薪さんと小野木田。

なんじゃ~こりゃ~っと思いつつ、

笑ってしまいました!!

熊井と西条の間割り込んだ際に

薪さんが使用してた車ってだし、

OPの薪さんキメポーズのシャツ色もだし。

OP中のシャツ色は前回今回は白がメイン。

でも、前々回はだった。

製作スタッフさまの薪さんカラーってなのかしらね。

(注目度を高めるには最適ではありますが)

で、最後に長嶺らしい人物が

第九データを削除してるっぽかったんですが、

第九VS警察組織の腐敗部分

って構図になるのかな??

で、次回、「誰も見ていない」なんですが、

題名で原作の秘密2005ベースのお話だと

思っていたのですが、

予告を見た感じではちょっと違うような印象を受けました。

実際にはどうなんでしょうね~

次回もがんばって見ます!!

|

« マクロス F (フロンティア) 第16話 【ランカ・アタック】 ちょこっと感想 | トップページ | 夏目友人帳 第4回 【時雨と少女】 ちょこっと感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

・秘密-トップシークレット-」カテゴリの記事

コメント

たまやんさんこんばんわ~!!

絵は大分見れるようになりましたよね。
でも話がね・・・。

相変わらずかなぁと思ってしまいました。
今回犯人側の西条の話がよく出来てたのに対して、あまりに熊井のやり方が稚拙すぎたなぁと・・・。
ま、何やっても父がもみ消してくれる~ってことを強調したかったのかもですけど。

しあわせだった分、過去の罪っていうのは重いですね。

次回にどうつなげるつもりだった複線なのか、あの第九侵入者が気になりますね(><)

投稿: なぎさ美緒 | 2008年7月30日 (水) 23時47分

なぎささん、こんにちは~!!

>でも話がね・・・。
>相変わらずかなぁと思ってしまいました。

よくある話で全体的に不整合。
中途半端な印象で話に魅力が感じられないってことですよね。
MRI捜査の設定が話ごとに違かったりしますし、
それはもう、、、変えようにも変えられないことではないかと思います。

放映終了前には一度くらい、
感動してみたいなぁ~と思った時もありますが、
その時は来ないだろうなぁと予想しています。

>次回にどうつなげるつもりだった複線なのか、あの第九侵入者が気になりますね(><)

今回の話は伏線ですよね(たぶん)。
あの侵入者はどのデータをいじっていたんでしょうかね。
もしかして、鈴木さんの??っと思ってしまいました。

視聴を続ける仲間がいてうれしいです。
コメントありがとうございました!!!

投稿: たまやん | 2008年7月31日 (木) 15時29分

たまやんさん、こんばんは。
もう「秘密」の感想は書かないのかと心配しておりましたので、ほっとしました~。
やっぱり、たまやんさんもあのシーンで爆笑してしまいましたか。あれは笑いを狙ったシーンではないと思うのですが、笑わせてもらいましたよ、ええ。
鈴木さんの登場には驚きましたが、それを見ているシチュエーションがどうにもこうにも(笑)
次週どうなるか、不安に駆られながらも視聴します!

投稿: こゆう | 2008年8月 3日 (日) 23時55分

こゆうさん、こんにちは~

秘密の感想は遅れながらも書いております。
こゆうさんもあのシーン、爆笑だったんですね!!
薪さんの気迫・眼力の凄さを表現してるのではないかと思われるんですけどね~、爆笑しちゃいましたよ。
鈴木さん登場した流れは「はぁ~?」って感じだったのですが、ないよりはマシかな~っと。

あのシチュエーションがなんだったのか無理やり考えてみると、初期メンバーが薪さんだけではなく薪さんの心の重荷を小野木田が一緒に背負ってるっていうことを表現してるってことなのではないかと思いました。

次回はどうなるんでしょうね。
見るのは怖いけれど、
どう描かれるのか見たいので、見ちゃうんですよね。

投稿: たまやん | 2008年8月 4日 (月) 13時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510680/42012865

この記事へのトラックバック一覧です: 秘密 トップ・シークレット 第17話 【目撃】 感想:

» 「秘密TheRevelation」第17話 [日々“是”精進!]
case17「目撃」警察官の西条伸一が、同僚を殺害するという事件が発生した。被害者の脳を見た第九メンバーは、西条が被害者を含む同僚たちに、ある不祥事の口裏を合わせるよう、強要していた事実を掴むが・・・。警察の不祥事隠蔽体質。改造拳銃で撃たれ、警察官の阿久津が...... [続きを読む]

受信: 2008年7月30日 (水) 19時59分

» 秘密-トップシークレット- 第17話「目撃」 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
隠ぺいされた真実。復讐に隠された想い。都内で阿久津と林崎という2人の警官が連続して射殺される事件が発生。林崎の脳を検視した結果、犯人が、元警察官で、曽我の警察学校時代の同期・西条伸一と判明した。西条が警察を辞めた理由は、熊井という上司を殴っ...... [続きを読む]

受信: 2008年7月30日 (水) 23時43分

« マクロス F (フロンティア) 第16話 【ランカ・アタック】 ちょこっと感想 | トップページ | 夏目友人帳 第4回 【時雨と少女】 ちょこっと感想 »