« コードギアス反逆のルルーシュR2 第9話 【朱禁城 の 花嫁】ちょこっと感想 | トップページ | ネオ アンジェリーク Abyss 第10話 【時の輪舞曲】 ちょこっと感想 »

大河ドラマ 篤姫 23話 【器くらべ】 感想

慶喜派VS慶福派

大奥は慶福派が主流。

篤姫は密命を果たすことができるのだろうか??

水戸斉昭は隠居お役目を退任し、

本寿院・歌橋・滝川は大喜び。

幾島はいろいろと大奥で仲間になりそうな人を探すが、

いなかった。

閉鎖的な大奥での楽しみといったら、

贅沢?ぐらいしかなかったのかな???

篤姫は慶喜と慶福の二人に会って、

自分の目で確かめようとする。

慶喜は目を合わせない逃げ腰の態度を見て、

いまいち。

(でも、家定の例もあるしね~sweat01

慶福は堂々としていて、

痛んだお菓子を用意した者達への心遣いといい

器は慶福の方が上だと判断する。

痛んでいるとわかっているものの毒見は免じるように。

食べられぬと知ってそれを強いるのは云々。

篤姫、本寿院、歌橋、滝川は感心する。

幾島は焦るcoldsweats02

その話を聞いた家定はハリスに会う決心をする。

一方聞いて沙汰するなってことで。

なかなかいい感じshine

夫婦というか同士といった感じだけれども、

幸せそうな篤姫でした happy01 heart04

滝川が本寿院と歌橋に、

幾島が慶喜派だということと密書のやり取りをしていることと、

慶喜に会っていたことを話す。

激怒する2人。

将軍は家定に決めてもらえばいいし、

ここは相手の出方を見るのが上策だと

滝川は提案する。

しかし、次回予告で篤姫に

掴みかかっていく本寿院の姿があるので、

なにやら一騒動あるようですね!!!

尚五郎はお近にぴしゃりと諌められますthunder

大きなところばかり仰ぎ見、

足元を忘れては国はいづれ滅びると。

それがわからないなら離縁してください!!annoy

さすが!!小松先生の妹君だけのことはある!!

そして、尚五郎は自分の生きる道を決めます。

薩摩で生きていくことに。

大久保さんは自分だけ先行きが見えないとボヤきます。

でも尚五郎、西郷どんより長生きをするのは

大久保さんなんですよねsweat01

鹿児島に行って篤姫の資料館(?)みたいなところに行った時、

御台所のお仕事の1つとして次期将軍教育があり、

篤姫はそれはそれは次期将軍をかわいがったと記述がありました。

(日本史をちょっとかじってれば、

次期将軍が誰なのかはわかっちゃいますが、

ここでは書くのを控えておきますね)

なにはともあれ、

次回も楽しみですnotes

|

« コードギアス反逆のルルーシュR2 第9話 【朱禁城 の 花嫁】ちょこっと感想 | トップページ | ネオ アンジェリーク Abyss 第10話 【時の輪舞曲】 ちょこっと感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

・大河ドラマ篤姫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510680/41500360

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ 篤姫 23話 【器くらべ】 感想:

» 「篤姫」第23話 [日々“是”精進!]
第二十三回「器くらべ」家定は、篤姫の前では愚か者のふりをすることをやめたが、ほかの人々の前では奇行を繰り返していた。家定から慶喜を将軍にする意思はないと言われた篤姫は、慶喜を将軍に推したい斉彬のことを考え、苦悩する。そんな折、アメリカ総領事のハリスが家...... [続きを読む]

受信: 2008年6月11日 (水) 20時11分

» 篤姫 第23回 器くらべ [くまっこの部屋]
ハリスが将軍との謁見を望み、それに対して阿部を失った幕府上層部は右往左往でなかな [続きを読む]

受信: 2008年6月11日 (水) 20時29分

» 篤姫 第23回 一方聞いて沙汰するな [レベル999のマニアな講義]
『器くらべ』内容篤姫が大奥に入って半年。篤姫が将軍・家定(堺雅人)から聞いたのは『慶喜を好かぬ』それは、衝撃であった。どうして良いか分からない状態になってしまった篤姫。一方、老中・阿部が死に、ハリスの対応に大混乱の幕府。そんな状況の中、水戸斉昭(江守徹...... [続きを読む]

受信: 2008年6月11日 (水) 21時09分

» 大河ドラマ「篤姫」第23話「器くらべ」 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
「上様、私の勝ちにございます」今回はこの決め台詞がものっそ効果的に使われてましたね。そして、自分の心を偽らず、素直にあるがままを伝えたことで徐々に開かれていった家定の心。それが本当上手く描かれてて、これは脚本が本当上手いんだなぁと思わされました。いや〜...... [続きを読む]

受信: 2008年6月11日 (水) 22時41分

« コードギアス反逆のルルーシュR2 第9話 【朱禁城 の 花嫁】ちょこっと感想 | トップページ | ネオ アンジェリーク Abyss 第10話 【時の輪舞曲】 ちょこっと感想 »