« 秘密 トップ・シークレット 第5話 【キヌコ 前編】 感想 | トップページ | マクロス F (フロンティア) 第6話 【バイバイ・シェリル】 ちょこっと感想 »

ネオ アンジェリーク Abyss 第5話 【決意の旅路】 ちょこっと感想

セレスティア教団長から聖都へ招待されるアンジェリーク。

ベルナールの記事によって、

5人はオーブハンターと呼ばれるようになっていた!

とくにアンジェリークは女王の卵ではないかと

思われるようになった(実際、そうなんですが)。

そのため、母校に立ち寄るとまわりに人が集まってきてしまい、

旧友とのんびりと話をする時間もない wobbly sweat01

ある村に宿泊しようとしたら盛大なもてなしを受けることに。

そんな時、マリーという幼い少女が

自分の母を助けて欲しいとアンジェリークに頼む。

マリーの母はタナトスに襲われ寝たきりになってしまったのだ。

一度、浄化してみようと試みるが、まわりの視線が気になり失敗 weep

村での宿泊はやめて星空の下で一夜を過ごしましょう

とニクスが提案。

アンジェリークを気遣ってのことだ。

落ち込むアンジェリーク downdown

元気付けようとする仲間達。

人々の女王の卵である自分への期待を知り、

期待を裏切ったら、、、

人々は希望を失ってしまうのではないかと心配するアンジェリーク。

夜眠れなくなってしまったアンジェリークに

ニクスがいろいろと話を降る。

甘い言葉と厳しい言葉で教育でしょうか??

もしくは女王としての資質を試していた??っぽいです。

今回の甘い甘い甘い言葉はニクスでした!!!

あなたは信じる道をまっすぐお進みください。

そしてその道をともに歩む名誉を

私にお与えください。

くしゃみをしたアンジェリークに自分の上着をかける時は、

私のこのぬくもりで少しでも

あなたをあたためられるとよいのですが。

おおおおおおお、すごっ!!lovely

脳みそが~ほにゃららら~notes

と~ろと~ろにゃ~shine

(日本語がヘンですみませんsweat01

聖都に到着したオーブハンターご一行。

聖都は寒いようでジェイド以外は

通常より暖かい格好をしている(マントとか)。

んんん??ジェイド、寒くないの??

ヒュウガは聖都に入ろうとしない。

銀樹騎士団を出奔した理由は複雑そう。

そんな様子を見ている人達もいて、、、、次回へ。

今回も甘い言葉でやられちゃいましたよ、私 coldsweats01

次回はどういう甘い言葉があるのかなぁ??

期待しちゃうぞ!! happy02 heart04

|

« 秘密 トップ・シークレット 第5話 【キヌコ 前編】 感想 | トップページ | マクロス F (フロンティア) 第6話 【バイバイ・シェリル】 ちょこっと感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

・ネオアンジェリークAbyss」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510680/41123224

この記事へのトラックバック一覧です: ネオ アンジェリーク Abyss 第5話 【決意の旅路】 ちょこっと感想:

» ネオアンジェリークAbyss 第5話「決意の旅路」 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
ベルナールの記事のせいで浄化能力者の皆を、人々は『オーブハンター』と呼ぶようになっていた。浄化を見て賞賛の声をあげる人々。人々の無事を祈るアンジェだった・・・。アンジェのもとに聖都からの招待状が届けられる。驚愕しつつも聖都への旅に出る一行。その道...... [続きを読む]

受信: 2008年5月 9日 (金) 01時07分

» ネオ アンジェリーク Abyss [Marble Chocolate]
#5「決意の旅路」 5話は、教団から招待を受けたアンジェ。 聖都への旅に出る一行のお話。 ベルナール兄さんが書いた記事で、アンジェたちは有名になってしまったみたいですね~。 ゲームだとたしかニクスが オーブハンター と名乗っていたけど、アニメではベルナール兄さんが名付け親なのね。 アンジェ。 聖都に向かう途中、アンジェの通ってた学園へ立ち寄るアンジェご一行。 アンジェが有名になったとたん、クラスメイトたちが「私、前からあなたは違うと思ってた」だって!... [続きを読む]

受信: 2008年5月 9日 (金) 10時18分

« 秘密 トップ・シークレット 第5話 【キヌコ 前編】 感想 | トップページ | マクロス F (フロンティア) 第6話 【バイバイ・シェリル】 ちょこっと感想 »