« しゅごキャラ 25話 【なでしこ!春なのにさよなら!?】 ちょこっと感想 | トップページ | 獣神演武 26話【演武の果て】の感想(最終回) »

大河ドラマ 篤姫 13話 【江戸の母君】 感想

江戸に行く前に京都へ立ち寄る篤姫。

公家随一の名門近衛家の養女になるためにだ。

この道中で幾島との絆を深めた篤姫。

よかった~よかった~~ happy01

幾島は近衛家老女村岡から

公家の娘を御台所にするという話が

あると教えてもらう。

江戸に到着してもなかなか江戸の母君の英姫と会えない

篤姫は悩む。

そしてとうとう会うことになったのだが、

そこで篤姫が御台所になる話は

「すべて斉彬の妄想」といわれる thunder wobbly

側室ならばまだ話は違かったかも。

御台所は正室だから一人しかいないもんね。

身分違いといわれてもしょうがないとは思うが、

あの変人に嫁がせたいと思う親はいないんじゃない?

子の幸せを願うのであれば。

ある意味、人柱だと思っちゃうんだけどなぁ。

あと、老女という役割もなんだかなぁ。

女の道は一本道、戻るは恥でございます。

という菊本の言葉を思い出す。

ああぁ、なんか思い出すと涙腺がゆるむ weep

自分の存在が篤姫の将来に影を作るのではないかと思い、

自決した老女。

今の日本人には見られない覚悟。時代が違うから。

老女とは

おのが主をお守りすること。

こたびこそ。

と幾島の覚悟もすごそうなので、少々、心配だなぁ coldsweats02

尚五郎は江戸には行けず、西郷が行くことになった。

理屈では納得しつつも感情は抑えられず、

小松先生に相談することに。

そうしたら、小松先生にたしなめられる。

必要な所に必要な人材を配置されたのであろうと。

尚五郎をたしなめた小松先生も意に反して

琉球に行くことになってたのである。

これもまた、尚五郎の器量が問われるところ。

なんだかね~、これもまたつらそう  bearing

|

« しゅごキャラ 25話 【なでしこ!春なのにさよなら!?】 ちょこっと感想 | トップページ | 獣神演武 26話【演武の果て】の感想(最終回) »

・大河ドラマ篤姫」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510680/40718628

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ 篤姫 13話 【江戸の母君】 感想:

» 大河ドラマ「篤姫」第13話「江戸の母君」 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
御台所になる前に、まずは京の近衛家の養女となることになった篤姫。でもえらく船酔いが激しいようで・・・。大変ですねぇ(^^;)でも寝ずの番をして、菩薩まで用意してくれたと幾島のこと、篤姫はちょっと心を開いたようですね(^^)さすがよく気がつく人です♪&nbs...... [続きを読む]

受信: 2008年4月 1日 (火) 20時47分

» 篤姫 #13 江戸の母君 [たっくんママのひとりごと]
バ・バ・バ・バトルの予感! 何故に顔を隠してるんでしょうか・・・[E:coldsweats02] 怖いよ>英姫 薩摩を出てからの船旅。結構、海も時化ております。船酔いで散々の篤姫w 陸路よりも海路の方が早かったとは知りませんでした。確かに、人力の輿よりは船の方が早いか。 京都について、新しい父上とのご対面? しかし、近... [続きを読む]

受信: 2008年4月 1日 (火) 23時45分

« しゅごキャラ 25話 【なでしこ!春なのにさよなら!?】 ちょこっと感想 | トップページ | 獣神演武 26話【演武の果て】の感想(最終回) »